2月4日、土曜日。
 マーティン・スコセッシ監督が
 メガホンを取った映画「沈黙」
 を見ました。
 面白かった、悲しかった、と
 一言で感想を言うのは難しいです。
 キリスト教迫害の中、
 信仰を持ち続ける人々を見て感動を受けました。
 また、神様の愛、天国への希望を
 感じました。
 一度は映画館に行ってみてもらいたい、そんな映画です^ ^
 
 また、2月7日、明日は長崎で殉教記念聖会が行われます。
 1597年2月5日、日本26聖人と言われている、26人のクリスチャンが殉教していきました。その記念会です
 昨年、私達岐阜の教会も
 行かせていただきました。
 殉教した西坂の丘にいきました。
 


暗く、どよ〜とした湿った様な空気を思っていました。ところが全く違いました。とても清々しい風と共に広い青空が私達を迎えてくれたのです。
 


驚きと共に、殉教の重い印象もなくなったのを覚えています。
 今年はインターネットでライブ中継を見ますが、来年!いきたいです。

広告